トップページ  >  施術内容   > 眼精疲労

眼科疾患

眼精疲労

眼精疲労パソコンやスマートフォンが普及して、パソコンやスマートフォンを見ない日が無いという人も多のではないでしょうか。
長時間のVDT(Visual Display Terminals)作業は単純に目の疲れだけではなくかすみ、目の充血、まぶたの重さ、光がまぶしい、目の奥の痛み、ドライアイなどの症状や体のだるさ、肩コリ、ひどくなると頭痛など目以外の症状も起こります。
夜の長時間の使用は不眠にも繋がります。
一晩寝て症状が治れば「疲れ目」ですが、それで治らない場合は「眼精疲労」です。
特に朝起きた状態で目の疲れが出ている状態は要注意です。
東洋医学では、目の血流(肝血)を補うことが大切です。
眼精疲労の場合、肩こりなどを伴っていることが多く治療では肝血を補う治療を行いながら、肩頸の緊張を取ることで目の血流を高め、眼精疲労の治療を行います。
治療前後では見易さがすぐに実感出来ると思います。
鍼灸の利点としては、眼精疲労と同時に、頭痛などの随伴症状も一緒に治療していくことが可能です。

当院での治療

目の周囲や首肩、目に関連するツボを取ることで目の血流を改善しながら、目の周囲の筋肉の緊張を取ります。
眼精疲労が強い場合、水晶体の調節機能が低下して視力にも影響している場合が多いです。
当院では視力の測定を治療前後で行い、治療の効果判定を行います。
調節機能の低下による視力低下の方は、一度の治療で視力が大幅に回復する例も珍しくありません。
また、眼精疲労の症状が強い方は、鍼治療にくるみ灸を合わせて行うことで、より治療効果を高める事が可能です。

視力検査器 NIDEK SC-1600

視力検査器 NIDEK SC-1600

視力検査にはNIDEK SC-1600を使用します。0.04までの視力測定に加え、乱視や立体視などの様々な検査も行うことが可能です。
白黒反転表示も可能で、羞明のある網膜色素変性症や弱視の方の視力も正しく測定可能です。

くるみ灸

くるみ灸

くるみ灸とは目に良いとされる菊花に漬け込んだくるみの殻の上でもぐさを燃やすお灸です。
くるみの殻に染み込んだ菊花液がお灸の熱で蒸気となり、気持ち良い温度で目を温め、目の血流を改善します。
眼精疲労や目のクマなどに効果的で、終わった後は目が温かくスッキリします。

当院での症例

症例1 女性 20代 眼精疲労、左右の視力差

症状

仕事でパソコン作業が多く、年々視力が低下。
特に左目の視力低下が顕著。
一日の終わりには目が重だるくなる。首肩のコリも強く、ひどいと頭痛も起こる。

当院測定結果

【初診時】
右1.2 左0.6 治療直後 右1.0 左 1.2 目の重だるさがスッキリする。
【2診目】
右0.8 左0.5
【3診目】
右1.5 左0.9 頭痛もほとんど出なくなった。
【4診目】
右1.5 左1.0 左の視力の数値が上がってくる。
【7診目】
右1.2 左0.9 仕事後の目の重だるさも軽減。左の視力も安定した数値が出るように。

まとめ

眼精疲労が原因の視力の左右差でしたが、初回の治療直後での測定で大幅な変化がありました。
治療を進めるうちに左視力も安定した数値となり、仕事後の目の疲れも出にくくなりました。
首肩のコリから来る頭痛も早い段階で改善しています。

症例2 女性 30代 目の奥の痛み

症状

2か月前から目の奥の痛みが続く。頭痛あり。症状がひどいと吐き気も有り。
眼精疲労に詳しい治療院がないか調べて当院を受診。

当院測定結果

【初診時】
右0.5 左0.4 本人の思っていた視力よりかなり低かった。
【3診目】
右1.2 左 1.0 眼鏡の度を合わせた。目の奥の痛みはかなり楽に。
【5診目】
右 1.0 左1.2 頭痛もほとんど出ておらず、目の痛みも治療すると一週間楽になる。
【10診目】
右 1.2 左1.2
【13診目】
右 1.2 左0.9 経過も良好なため、治療間隔を隔週に空け現在も治療継続中。

まとめ

眼精疲労が原因の目の奥の痛みでしたが、当院で視力測定を行った所、本人が思っていた視力よりかなり低く、眼鏡の度が合っていない事が分かりました。
眼鏡の度を合わせてもらい、治療を進めていった所、目の奥の痛みもほとんど出なくなり、現在も良い状態を維持しています。
度が合っていたい眼鏡を使う事は目が疲れやすく、眼精疲労の原因になる事が多く、視力低下を進ませるのでご注意ください。

患者様の声

患者様の声はこちら

施術内容ページへ戻る

イトウ針灸院

金山で眼科鍼灸が専門の鍼灸院
イトウ針灸院

〒466-0059
愛知県名古屋市昭和区福江2-12-17
金山より徒歩15分
(駅より無料送迎あり)
駐車場2台