トップページ  >  患者さまの声

患者さまの声

患者さまからの感想、ご意見をご本人の了解を得て掲載しています。
同じような症状で悩まれている方に、少しでも参考になればと思い掲載させて頂いております。

患者様の声一覧

網膜中心静脈閉塞

45歳 女性 名古屋市在住
45歳女性です。
タイトル通りの眼病になり大学病院の治療と何か出来る粉とはないかとネットで検索しこちらにたどり着きました。
先生は眼病にとても詳しく不安な事や聞きたい事に丁寧に答えて下さり本当に毎回癒されてます。
治療を始めて8ヶ月になりますが順調に回復しておりその他、眼病から来る肩凝り等にも対応して下さり助かっております。
同じ病になられた方は身の回りにはおられず、とても不安な日々を過ごしてきましたが、もし悩んでおられる方は一度先生にご相談されてみてはいかがでしょうか。
とても心強く対応して下さります。
回復にはじれったい位の時間がかかりますが、この病は仕方がありません。
自分の治癒力と先生を信じこの8ヶ月休むことなく通ってます。
勿論、眼病のみならず他の治療も行っておられます。

甲状腺眼症

三重県 女性
10年以上前から、バセドウ氏病を患っていて、目も少し腫れていましたが、ステロイド治療をする程ではないということで、経過観察的な診察を受けていて、もう治らないんだなと諦めていました。
バセドウ氏病の方の数値も安定していたので、もしかしたら完治してるかもしれないと、薬を中止したら、結局は再発してしまいました。
この機会に目も何とかならないかな?と諦めきれずに病院等を検索していたら当院のホームページを見つけました。
10年以上も経っているので、もしかしたら腫れは引かないかもしれないけど、少しでも可能性があるのならと、治療をして下さいました。そしたら、腫れが少し引いてきました。ホントに嬉しかったです!
今まで人と話してる時も、目を見られてるんじゃないかって凄く気になっていましたが、気にならなくなりました。気持ちが楽になりました。あの時、悩みに悩んで、でも勇気を出して電話してホントに良かったなと思います。ありがとうございます♪
今は耳鳴りが治らなくて、そちらもお願いしているところです。家が遠いのでなかなかスッとは来れないですが、これからも宜しくお願いします。

若年性黄斑変性

若年性黄斑変性

33歳 女性
2年前に発症し、眼内注射を3回受けました。
注射には副作用のリスクもありますが、それしか方法がないと思っていました。
針治療について知ったのは術後で、正直半信半疑でした。
眼科では「症状がでてきたら注射を打ちましょう」と言われるので、副作用のリスクを避けたい一心で、最初は週二、現在は週一ペースで通っています。
お陰様で注射の必要がない状態を維持できています。
イトウ先生は経験も知識もある方なので、眼科の先生に聞けない些細な事でも相談できる環境は大切だと思いますし、ありがたい事だと思っています。

目の痛み

目の痛み

宮本様 名古屋市北区在住 72歳 男性
私は6年前、緑内障にて2回手術を行い、そして角膜移植手術を去年して現在にあります。
視力は左目(0.02~0.04)位、視野は左は全くなしの状況ですが、救いは右目(1.2位)にて順当な事です。
所が、今年の夏の終りごろから紫外線が強烈に感じて瞼を開けられないほどの痛みにて悩み続けました(眼科医に相談しましたが目薬にて対応)
そんな時、最高なる出会いがありました。
妻がめまいにて(救急車)で搬送・入院して同室の方と親しくなり、イトウ針灸院を紹介して頂きました。
そして先生と出会い、先生のお力をお借りして治療にて(6回~7回)位にて痛みがなくなり、現在は2週間に1回位の治療になり、お陰様にてすっかり回復し、先生に感謝、感謝です。

動眼神経麻痺(複視、瞳孔散大、眼瞼下垂など)

動眼神経麻痺

名古屋市緑区在住 32歳 女性 会社員
ある夜、突然瞳孔が全開になっていることに気づき(見え方が変だったため)、翌日、救急病院へ行き、脳や血液検査をするが異常なし。
その後、数日たって眼瞼下垂や複視も起こり、ステロイドで治療を始めました。
2週間ほどで弱冠の改善をみたものの、治りの速度を上げたかったためにネットで見つけたイトウ針灸院に通うことにしました。
一番の決め手は他にも同じような症状で通われている方がいることでした。
他の針灸院では眼に特化したところがほとんどなかったので、すぐに予約しました。
先生も優しく、針初心者の私でもすぐに慣れることができました。
通いはじめて1か月ほどで突然調子が良くなりはじめ、一か月半ほどで日常生活には問題が無くなりました。
早く治すためにできることは全てやろうと思い通いはじめましたが、通って良かったと思っています。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎

愛知県西尾市在住 35歳 男性 会社員
私は、ぶどう膜炎という目の病気の中でも患者が少ない病気になりました。
月に1~2回通院しています。
病気の症状として飛蚊症、視力低下、霧視(むし)という視界が白く見えると言うのが主な症状です。
ベーチェット病、サルコイドーシスと言った難病からぶどう膜炎がきているというケースもこの病気は多く、眼科の他に内科なども受診をし、血液検査など検査をいくつも受けました。
口内炎が出来やすかったため、検査は異常なしでしたがベーチェット病の可能性は消えたわけではなく、目の方も秋から冬はぶどう膜炎が毎月のように再発し、ステロイドの目薬の影響で眼圧も30近くまで上がり、目の炎症が多かった左目は緑内障で視野の4分の1を失いました。
ぶどう膜炎、視野の事で何か出来ないかと考えていた所、鍼治療という治療を知りイトウ針灸院に通う事にしました。
通い始めてぶどう膜炎の再発も少なくなり、視力も左1.0 右1.2程度を維持出来ており、また眼圧も針をやり始める前は、病院で測ると左13 右14だったのが最近は両目とも10~12程度です。
ステロイドの目薬も回数を減らせる可能性が出てきました。
イトウ先生からの話、大変参考になり先生のおかげで安心して病気と向き合えています。

両眼複視

両眼複視

日進市在住 中村 忠嗣 様 55歳 男性 会社員
結構多忙な毎日をおくっており、睡眠時間も少なく、ストレスもあって目になんらかの形で負担がかかっていたのか。
ある日、今までにない物の見え方が突然起きました。
ある方向を見ると物が二重に見える、目をこすって何度見ても変わらず二重に見える。。。
どうしてか全然分かりませんでした。
このままずっとこうなのか。 幸い、まっすぐ前を見る、車の運転は出来たため、通勤は何とか出来たのですが、ある方向に視線を移すと二重に見えたので、歩くたびに視界がかなりおかしかったのですごく怖かったです。
2、3日たっても見え方は変わらず、朝起きても天井の照明が2つ見える状態でとても違和感がありました。
当然ネットで調べて、このような場合には脳がおかしくなっているなどの症状もあり、眼科にいっても過労でしょうということで特に詳細に治療してくれても真因は分からずとても不安な1週間を過ごしました。
神経内科にも行き、脳のMRIを撮ってもらいました。
幸いに脳に異常が無く、正直ホッとしましたが、ではこの両眼性複視は何なのか。。。 再度眼科に行って、目の滑車神経麻痺で1か月様子を見ましょうということで、末梢神経に刺激を与える薬を貰った程度で、薬を飲み続けても治る様子もなかったので、再度藁をもつかむ気持ちで、ネットで症状改良に向けて調べました。。。
そのような時にイトウ針灸院を知りました。眼科を主とした鍼灸治療で両眼性複視を患われている方が鍼灸治療で回復したとの情報もあり、これだと思いました。
鍼灸の経験は生まれてこのかた無く、不安な点もありましたが伊藤先生の指導に従い受診しました。
意外にも鍼を打つことに怖さはなく、初めから鍼を打ってもらうと逆に刺激になり、効いているんだなと感じがしてきまして、鍼がある意味楽しくなってきました。
3ヶ月で頑張りましょうとのアドバイスの中、心地よさもあったせいか、週1回の治療で1か月くらいで、知らず知らずのうちに、ある方向に2重に見えていたのがウソのように徐々に昔のしっかり見えていた頃に戻っていきました。
ある日突然の回復ではなかったですが、じわじわ効いていたんだと思います。
やはり鍼による血流や神経への刺激が、躰に効くのだなと改めて思いました。
患った時には、好きなゴルフもこれで出来なくなると思っていたので、それが今では昔と変わらず出来ることがこの上なく嬉しいです。
また、この鍼灸治療で別に患っている所も治療をはじめており、本当に伊藤先生には感謝しております。
目の患いに困ってみえる方、一度鍼灸治療をお勧めします。

複視

複視

犬山市在住 18歳 女性 大学生
私は突然朝起きたら物が2つに見えて、寝たら治るだろうと思い、1~2日病院に行きませんでした。
しかし全然治らなかったので、眼科に行った所、脳の神経に異常があるかもしれないと言われ、総合病院に行きました。
そこで血液検査をしてもCTを撮ってもMRI検査をしても何も異常がなく、複視と分かりました。
とくに何も出来る事はなく、1つに見える時を来るのを待つだけと言われました。
しかし、日常生活で物が2つに見えるのはとても不便でした。
そこでネットで調べた所、イトウ針灸院さんが出てきました。
発症してから1週間後にイトウ針灸院さんに通い始めました。
私は最初前を向いた時も横目で見たた時も物が2つに見えていましたが、約一か月通った所、まずは前を見た時2つに見えるのが無くなり、その後、横も2週間程で消えていきました。
治ったのもイトウ先生のおかげだと思います。

外傷性散瞳

外傷性散瞳

三重県伊勢市在住 40歳 男性 運転手
草野球の試合中に送球を目に受け、眼科で「角膜びらん前房出血、外傷性散瞳」の診断で5日間入院しました。
目の出血は2週間程で治まったのですが、視力低下、眩しさは残り眼科では日にちでの経過判断で治療のしようがないと言われました。
このままでは仕事に支障をきたすので、色々ネットで調べてみたところ「イトウ針灸院」のHPを見つけて、一度相談してもようと思いました。
最初は半信半疑でお伺いしたのですが、問診で治療計画とどういう治療法とかを説明して下さり、1回目の治療で視力がケガする前の値にほぼもどり、5回目の治療あたりで目の眩しさもほとんどなくなり、違和感もなくなりました。
合わせて首の痛み、肩こりも酷かったのがかなり楽になりました。
通院するのはすこし大変でしたが、今は伊藤先生に治療していただき本当に感謝しています。

緑内障

緑内障

名古屋市瑞穂区在住 23歳 女性
私は眼圧が高い時だと右25以上、左30以上ありました。
定期的に眼科にも通い目薬を毎日さしていましたがなかなか下がらず、すごく眼圧が高い時は一時的に下げるための飲み薬も飲んだりしました。
またレーザー手術も2回ほど行い、手術後は少し下がりましたが、それを長く維持できませんでした。
その後、治療を続けましたが眼圧が低くなることはなく先生に手術しなければならないと言われました。
そんな中、イトウ針灸院を見つけ週に2回ほど通いだしました。目薬は今まで通りさし、針も通い少しだけ眼圧が下がりました。
でも症状がある程度悪くなっていたので手術をせざるおえませんでした。
手術をした今は眼圧も15くらいまで両目とも下がりました。
なによりもイトウ針灸院に通いだして目に見えてわかるのは視野が少し回復し、視力は右:0.9→1.5 左:0.05→0.4になり、手術をしていない右目も今までなかなか下がらなかったのに10代まで下げる事ができました。 これは、ほんとにイトウ先生のおかげだと思っています。
いつも病気の事を前向きに考えさして下さるイトウ先生に感謝しています。

イトウ針灸院

金山で眼科鍼灸が専門の鍼灸院
イトウ針灸院

〒466-0059
愛知県名古屋市昭和区福江2-12-17
金山より徒歩15分
(駅より無料送迎あり)
駐車場2台