虚血性視神経症


虚血性視神経症

視神経に栄養や酸素を供給している血液が、何らかの原因で途絶えて、神経の活動を維持することができずに視神経障害を起こす疾患です。
側頭動脈炎によって引き起こされる動脈炎性視神経症と、糖尿病、高コレステロール血症、高血圧症などがある人に好発する非動脈炎性視神経症に大別されます。

症状

基本的には視神経炎と同様の症状ですが、視神経炎のような眼痛、眼球運動通を訴えることはあまりありません。

検査

糖尿病、高コレステロール血症、高血圧症などが基礎疾患にないかどうかのチェックとともに、赤沈やCRPなどを測定し、動脈炎性であるかどうかを判断します。
検眼鏡的には視神経乳頭付近に障害がある場合は乳頭浮腫がみられ前部虚血性視神経症といいます。
後部虚血性視神経症の場合は視神経乳頭に変化はありません。
いずれの場合も時間の経過とともに視神経は萎縮し、乳頭は蒼白となります。

現代医学での治療

動脈炎性虚血性視神経症の場合は大量ステロイド療法を速やかに開始します。
非動脈炎性虚血性視神経症の場合、有効な治療法がないというのが現状です。

当院での治療について

比較的若い方で発症から長期間が経過していない非動脈炎性虚血性視神経症であれば、適切な鍼治療により視力・視野障害は改善する可能性が高いです。
経過年数が高くなるほど、回復が難しくなるため、早めの治療開始をお勧めします。

その他の施術内容

眼瞼痙攣(けいれん)

  目次1 眼瞼痙攣(けいれん)2 眼瞼痙攣を起こす疾患2.1 繊維束攣縮2.2 本態性眼瞼痙攣2.3 片側性顔面痙攣2.4 眼瞼ミオキミア3 西洋医学での治療方法3.1 繊維束痙縮3.2 本態性眼瞼痙攣3.3[…]

[» 続きを見る]

加齢黄斑変性

目次1 加齢黄斑変性1.1 正常な見え方1.2 加齢黄斑変性の見え方の一例2 加齢黄斑変性の分類2.1 滲出型(wet type)2.2 非滲出型・萎縮型(dry type)3 眼科での治療方法3.1 内科的治療3.2 […]

[» 続きを見る]

甲状腺眼症

  目次1 甲状腺眼症2 甲状腺眼症の症状・所見3 眼球突出について4 当院での治療方法5 当院での症例5.1 症例1 30代 女性 甲状腺眼症5.2 症例2 30代 女性 甲状腺眼症 甲状腺眼症 甲状腺眼症は[…]

[» 続きを見る]

視神経炎

目次1 視神経炎2 視神経炎と視神経症3 視神経炎の原因4 視神経炎の症状4.1 視力4.2 視野5 現代医学による治療6 当院での治療について 視神経炎 視神経は目(カメラ)に映った情報を脳(現像所)に運んでいくという[…]

[» 続きを見る]