10月10日は目の愛護デー

スタッフの清歌です。

今日は10月10日、何の日かと聞かれたら「体育の日」と答える人が多いと思います。

10月10日は目の愛護デーでもあります。
中央盲人福祉協会が1931(昭和6)年に「視力保存デー」として制定し、戦後、厚生省(現在の厚生労働省)が「目の愛護デー」と改称しました。

「10 10」を横に倒すと眉と目の形になるからだそうです。

10月にはもう一つ目に関連した記念日があります。それが10月01日の“眼鏡の日”です。
こちらは、1を眼鏡のつる、0をレンズとみなすと「1001」が眼鏡の形に見えるからだそうです。
これらを合わせて、10月1日~10月10日は“目と眼鏡の旬間”とも呼ばれています。

1年に1回健康診断を受けている人はいても、目の検診も受けている人はいるでしょうか?
何年も眼科検診をしていないという方もいるのではないでしょうか。

体が健康だから目も問題ないと思っている人も多いのですが、目は急に悪くなることがあります。

日本人の失明原因第1位は緑内障だということをご存じでしょうか?

緑内障は誰にでも起こりうる病気で、高齢になるほど起こるリスクが高くなるといわれています。

緑内障は早期発見し治療すれば、失明の危険性が下がります。
最近ぼやけて見えるという人や視界が影になって見えなくなる部分があるという人は、早急に眼科検診を受けてください。

症状が特にないという人も安心してはいけません。
一番怖いのは本人が目の不調に気づいていないということです。

現代医学が進歩して緑内障での失明リスクが下がっているにも関わらず、失明原因に挙げられてしまうのはそういったことも考えられます。
特に目に変化はないという人も、既に病気が進んでいる可能性があります。
10月10日の目の愛護デーを機会に目の健康に気を遣ってみてはいかがでしょうか。
当院では緑内障の治療を始め、眼精疲労など目に関連した治療を行っています。
今の時期は緑内障に効くといわれている陳皮(ちんぴ)が配合された薬膳茶も取り扱っています。

また眼精疲労に最適なくるみ灸もあります。
日頃使っているにも関わらず、目の不調には気づきにくいので早めの治療をオススメしてます。

関連記事

「眼科と東洋医学」研究会に参加しました。

院長の伊藤です。 10日(日)は東京の台東区民会館で開催された第36回「眼科と東洋医学」研究会に参加しました。 東洋医学で眼科疾患の治療を行う医師・薬剤師・鍼灸師で構成される研究会です。 鍼灸で眼科を取り扱う数少ない勉強[…]

[» 続きを見る]

【急募】鍼灸師・鍼灸学生を募集しています

イトウ針灸院を手伝ってくれるスタッフを募集しています 2024年6月から診療を手伝ってくれる鍼灸師・鍼灸学生を募集しています。 ◆正社員 勤務時間: 8時半~13時 15時半~20時(土曜日は19時まで) 休日: 水・日[…]

[» 続きを見る]

年末年始の営業について

11月も今日で最後、明日からは12月(師走)となります。 一年が過ぎるのは早いものですね。 イトウ針灸院は年末は12月29日(金)までの営業となります。 年始は1月4日(木)からとなります。 12月23日(土)は祝日です[…]

[» 続きを見る]

6月4日(月)は休診します

こんにちは。 院長の伊藤です。 6月4日(月)は整動鍼セミナー受講のため休診します。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

6月24日(土)は臨時休診になります

院長の伊藤です。 6月24日(土)は臨時休診になります。 前後に土曜日が予約が混みあいますので、早めのご予約をおすすめします。 よろしくお願いします。