角膜にはビタミンA

スタッフの松本です。

先日患者さんが、「目を搔いてしまい角膜にキズをつけてしまった」と院長に相談され、色々とアドバイスをされていました。
状態改善のために、鍼灸施術をうけること以外に、ご家庭での食事に氣を配ることも大切になります。
今回は、摂取すると角膜の再生をうながす、「ビタミンA」についてのお話です。

ビタミンとは

ビタミンは、からだの細胞をつくるために必要な、『タンパク質・糖質・カルシウム・脂質』などの栄養素の働きを助ける物質で、13種類あります。

脂溶性ビタミン

ビタミンA: レチノール、β-カロテン、α-カロテン、β-クリプトキサンチンなど
ビタミンD: エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール
ビタミンE: トコフェロール、トコトリエノール
ビタミンK: フィロキノン、メナキノンの2つのナフトキノン誘導体

水溶性ビタミン

ビタミンB群
ビタミンB1: チアミン
ビタミンB2: リボフラビン。ビタミンGともいう。
ビタミンB3: ナイアシン。ビタミンPPともいう。
ビタミンB5: パントテン酸
ビタミンB6: ピリドキサール、ピリドキサミン、ピリドキシン
ビタミンB7: ビオチン。ビタミンBw、ビタミンHともいう。
ビタミンB9: 葉酸。ビタミンBc、ビタミンMともいう。
ビタミンB12: シアノコバラミン、ヒドロキソコバラミン

ビタミンC: アスコルビン酸

ビタミンは体内で必要量を十分に合成することはできないので、食事から摂取する必要があります。

ビタミンAとは

ビタミンAは皮膚や粘膜などを健康に保ち、細胞の新陳代謝を活発にし、抵抗力を高めます。
不足すると、目の粘膜である網膜や角膜の細胞がつくられるスピードが遅くなります。
角膜の透明度の低下や表面が乾いて炎症を起こしやすくなります。
ビタミンAは、目の網膜にある視物質ロドプシンの素材です。
ロドプシンは、うす暗いところではたらく細胞。そのためビタミンAには、暗い場所に徐々に目が慣れていく「暗順応」を高める働きもあります。
ビタミンAが不足すると、暗さに順応する、暗順応の機能が低下し、夜盲症になることが知られています。

ビタミンAが含まれる食べ物

ビタミンAは緑黄色野菜やレバー、うなぎに多く含まれるます。
ビタミンAはビタミンDと一緒に摂ると、吸収がよくなります。
ビタミンDは魚類、卵類、きのこ類に多く含まれるので、シイタケやしらす干し等と組み合わせるとよいです。

おすすめの組み合わせ

野菜 + きのこ類(魚類) + レバー(うなぎ)少量

緑黄色野菜に多く含まれる、βカロテンは体内でビタミンAに変換されるため、ビタミンAの過剰摂取を心配する必要がありません。
そのため、ビタミンAを摂取する場合には動物性食品に含まれるレチノールよりも緑黄色野菜に含まれるβカロテンを摂る方がオススメです。

注意点

ビタミンAの過剰症(摂りすぎ)には急性症状と慢性症状があります。

急性症状 : 全身倦怠感、頭痛、吐き気、めまい、顔面の浮腫、皮膚の剥離など。
慢性症状 : 頭蓋内圧亢進症、皮膚の剥脱、脱毛、筋肉痛、肝障害、関節炎など。

通常の食事での摂取では過剰となる場合はほとんどありませんが、サプリメントを使用する場合などは注意が必要です。。
どのようなものことでも言える事ですが、食べ過ぎ・取り過ぎには十分お気をつけ下さい。

関連記事

物がゆがんで見えてませんか?

目次1 変視(へんし)とは2 変視が起こる原因3 変視の見え方の例3.1 正常な見え方3.2 変視の見え方の一例4 変視のセルフチェック方法4.1 アムスラーチャート4.2 ゆがんで見える例5 もし歪みが見つかった場合は[…]

[» 続きを見る]

緑内障のセルフチェック

目次1 緑内障とは2 緑内障のセルフチェック3 カレンダー視野検査の方法4 まとめ 緑内障とは 緑内障は何らかの原因で眼球と脳の間の情報の橋渡しをしている視神経が障害され、視野(見える範囲)や視力に異常が起きる病気です。[…]

[» 続きを見る]

視覚障害者向け「eSightマイグラス」

院長の伊藤です。 新しい視覚障害者向けスマートグラス「eSightマイグラス」が発売になるそうです。 以下記事より引用 目次1 eSightマイグラス2 適用眼科疾患の例3 適用条件4 まとめ eSightマイグラス 医[…]

[» 続きを見る]

一重まぶたと二重まぶたの違い

スタッフの松本です。 先日、あるテレビ番組で、『二重まぶたから一重まぶたにする人いない“説”←(笑)』という検証がされていました。 ふんふん、あまり聞いたことがないなーと、興味深く観ていました。 まぶた… マブタ… 瞼…[…]

[» 続きを見る]

子供の視野を体験

院長の伊藤です。 最近、子供の視野は大人の3分の2しかないという記事をインターネットで知りました。 我が家にも2歳の娘がいるのですが、よく転んだりするのを見て、子供は注意力が低いからよく転ぶんだなと思っていたのですが、視[…]

[» 続きを見る]