【スタッフブログ】視力が弱ると耳が良くなる?

スタッフの伊藤さやかです。

前回に引き続き、患者さんのお話です。
弱視で白杖をついている患者さんもいらっしゃるという話をしましたが、その方々にある共通点があることに気が付いたのです。

それは、耳が良く、記憶力も高いということです。

例えば日常的な会話で話したことや初めて会った方のプロフィール(名前、出身地等)を覚えていらっしゃるんです。
なかには声質だけで誰かわかる方もいらっしゃいます。
治療中に他のベッドにいる方の会話が聞こえてくることもあるため、他の方の会話に入ってしまうのもこの高い能力があるが故?…かもしれません(笑)
五感の一つが欠けると、他の機能でカバーするため通常より高い能力を発揮するという話を耳にした事はありましたが、納得しました。
ピアニストの辻井伸行さんは全盲ですが、すごく耳が良く、楽譜が読めないので演奏を聴いて覚えるそうです。
私自身、そういった記憶力が乏しいため、この能力は本当にすごいと思います。
視力で不自由している分、聴力や記憶力に頼らざる得なかったと思いますが、普段ではなかなか気づかないことだと思い、今回ブログにしました。

関連記事

【スタッフブログ】送迎のお話

送迎・受付担当の伊藤さやかです。 今回からブログを担当させて頂きます。 イトウ針灸院の日常で起こった事などを書いていければと思います。 今日は送迎のお話をしたいと思います。 送迎される方は大半が電車で来られて、白杖(はく[…]

[» 続きを見る]

【スタッフブログ】患者様の声

こんにちは。 スタッフの松本です。 定期的にブログを書かせていただくこととなりましたので、どうぞよろしくお願いいたします! 先日、治療を受けられた患者さんから書いていただけた感想、『患者様の声』をラミネート加工し、受付横[…]

[» 続きを見る]

【スタッフブログ】OTON GLASS

スタッフの松本です。 BS-TBSで放送されている『夢の鍵』というテレビ番組で、“OTON GLASS”という製品を知りました。 OTON GLASS (オトングラス)とは、‘文字を音声’として読み上げてくれる、『文字を[…]

[» 続きを見る]