一重まぶたと二重まぶたの違い

スタッフの松本です。

先日、あるテレビ番組で、『二重まぶたから一重まぶたにする人いない“説”←(笑)』という検証がされていました。
ふんふん、あまり聞いたことがないなーと、興味深く観ていました。
まぶた… マブタ… 瞼… あまり『まぶた』について、考えたことがなかったので調べてみました。
結論から言えば、“一重まぶた”と“二重まぶた”の違いは、まぶたの皮下脂肪の量とのこと。
“一重まぶた”は、皮下脂肪が多く、“たるみができていない” “二重まぶた”は、皮下脂肪が少ない為、まぶたに“たるみができている”状態。

“まぶた”の役割のひとつは、 眼球が冷える事を防いでいます。
その役割からすると、一重まぶたのほうが寒い季節や地域の環境に適している状態といえるかもしれません。
ですけれど、だからといって、一重まぶたがいいわるい・二重まぶたがいいわるいということではありません。
それぞれに生まれながらに自分自身に適した状態として存在するものと思いますからね。
ちなみに“一重まぶた”は英語で“Oriental eyelid” Oriental = 東洋の、Eyelid = まぶた と表現されるように、“一重まぶた”は、日本・中国・韓国 などのモンゴロイド系の特徴とされています。
たしかに、黒人や白人のかたで一重まぶたの人をみかけたことがないかもしれません。
そして最後に、一重まぶたと二重まぶたの方の性格の傾向として、

一重まぶた・・・論理性重視。感情に流されることなく、冷静である。
二重まぶた・・・即断即決。考えるよりも即行動。ポジティブ&スピーディーさを兼ね備えている。

だそうです。 みなさんはどうですか?

関連記事

【スタッフブログ】患者様の声

こんにちは。 スタッフの松本です。 定期的にブログを書かせていただくこととなりましたので、どうぞよろしくお願いいたします! 先日、治療を受けられた患者さんから書いていただけた感想、『患者様の声』をラミネート加工し、受付横[…]

[» 続きを見る]

【スタッフブログ】送迎のお話

送迎・受付担当の伊藤さやかです。 今回からブログを担当させて頂きます。 イトウ針灸院の日常で起こった事などを書いていければと思います。 今日は送迎のお話をしたいと思います。 送迎される方は大半が電車で来られて、白杖(はく[…]

[» 続きを見る]

医食同源

はじめまして! 4月から午前のスタッフとして働かせていただいている原田です。 私は午後からは鶴舞にある本草閣薬局という漢方薬局でも働かせていただいています。 漢方の事を学んでいると、いつも口にしている食事の重要さに気付か[…]

[» 続きを見る]

6周年を迎えました

院長の伊藤です。 6月11日でイトウ針灸院は6周年を迎えました。 今週・来週とご来院された方に感謝の「八百津せんべい」をお配りしてます(^^♪ 現在イトウ針灸院は眼科専門の鍼灸院として施術を行っていますが、開業当初は眼科[…]

[» 続きを見る]

OTON GLASS(オトングラス)

スタッフの松本です。 BS-TBSで放送されている『夢の鍵』というテレビ番組で、“OTON GLASS”という製品を知りました。 OTON GLASS (オトングラス)とは、‘文字を音声’として読み上げてくれる、『文字を[…]

[» 続きを見る]