視覚障害者の目になる『OrCam MyEye 2(オーカム マイアイ2)』

院長の伊藤です。

視覚障害のある人の代わりに、テキスト情報を音声で読み上げてくれるデバイス『OrCam MyEye2(オーカムマイアイ2)』が9月から国内で発売されました。

 

『OrCam My Eye2』は100円ライター程の大きさで、眼鏡に装着して使います。
カメラから入力された画像から、テキストの読み上げを行います。
テキストの読み上げだけでなく、顔の認識、製品の識別、色の識別など様々な機能を備えています。
上記の動画では、出会った人の顔を認識してデータから名前を読み上げたり、手に取っている商品名を伝えたり、手に取っている洋服の色を伝えたりしています。
暗い時にはLEDライトで照らす事も可能です。
すでに世界30か国で発売され、利用されている製品です。

OrCam MyEye2の機能

テキストの読み取り

これには新聞、本、メニュー、サイン、製品ラベルおよび画面が含まれます。

顔を認識

顔のリアルタイム識別がシームレスに告げられます(100名まで登録可能)

製品を識別

製品の識別により、独立したショッピング体験が可能になります(150個まで登録可能)

使いやすい

シンプルな手のジェスチャーに対して直観的に応答します。

携帯可能

小型軽量で、実質的にあらゆるメガネのフレームに磁石で取り付けることができます。

どこでも機能

小型、ワイヤレス、そしてインターネット接続を必要としません。

製品情報

寸法

76 x 21 x 14.9 ミリメートル

重量

デバイス: 22.5 g 

バッテリ

3.7V DC, nominal 320mAH

カメラ

13 メガピクセル

価格

648,000円(税込)

※情報はホームページより引用

まとめ

最近のスマホも音声読み上げや顔の識別などを当たり前に行えるようになってきていますが、眼鏡に装着出来る小さなデバイスで多くの事が行えるのは驚きです。
この会社について調べていたら、OrCam社はイスラエルにあるのですが、CPUで有名なインテル社が153億ドルで買収していました。
それだけの金額を出しても欲しい技術を持っている会社だったという事ですね。
なかなか簡単には手が出せない値段ですが、世界中で使われている実績や製品の機能性を考えると、必要な人にとっては良い製品だと思います。
利用者が増え、市町村が補助具に指定してくれると購入しやすくなると思います。
近々、名古屋でも試装会があるそうなので、参加出来たら感想をお伝えしたいと思います。

OrCamのホームページ

 

関連記事

「眼科と東洋医学」研究会に参加しました。

院長の伊藤です。 10日(日)は東京の台東区民会館で開催された第36回「眼科と東洋医学」研究会に参加しました。 東洋医学で眼科疾患の治療を行う医師・薬剤師・鍼灸師で構成される研究会です。 鍼灸で眼科を取り扱う数少ない勉強[…]

[» 続きを見る]

診療料金変更のお知らせ

院長の伊藤です。 鍼灸関連品の値上がりが続いており、2019年2月1日より診療料金が下記に変更になります。 診療料金(税込価格) ・鍼灸全体治療・眼科治療:4,320円 ・学生治療(小学生~高校生):3,240円 初診料[…]

[» 続きを見る]

3月28日(水)まで臨時休診致します

こんにちは。 院長の伊藤です。 本日、左目の腫れがあったため眼科を受診した所、流行性結膜炎との事でした。 感染予防のため、3月28日(水)まで臨時休診させて頂きます。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。 &[…]

[» 続きを見る]

4日(火)の午後は臨時休診します

院長の伊藤です。 本日、9月4日(火)の午後は台風21号の影響により、臨時休診いたします。 皆様も台風に備えてください。 よろしくお願いします。

4月6日(土)は午前休診になります

院長の伊藤です。 4月6日(土)は私用のため、午前のみ休診となります。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。