目は温める?冷やす?どっちが良いの?

目の疲れのセルフケアとして、様々な商品がドラッグストアなどで売られています。
目の疲れが気になった時に、目を温めたり冷やしたりする事を考える方は多いのではないでしょうか。
昔は目を冷やすグッズが主流でしたが、ここ数年は目を温めるグッズが多く出回っているように思います。
目を温めるグッズと冷やすグッズ、どちらを使うか迷われる方も多いのではないでしょうか?
当院でも患者さんに聞かれる事が多いので、目を温める事と冷やす事についてまとめましたので、自分の症状に合わせて使い分けてもらうと良いです。

 

温めることと冷やすことの効果について

目を温める効果

・目を温めると、目の周辺の血管を拡張させ、血流が増加。
・眼球運動や目のピント調節を行う目の筋肉の緊張を緩める。
・ドライアイにも有効。
・副交感神経が優位になり、眠くなる。

目を冷やす効果

・目や目の周囲を冷やす事で、筋肉と血管を収縮させる効果がある。
・目に炎症がある場合などに有効。
・目の外傷に効果的。
・アレルギーによる目のかゆみは冷やした方が楽になる場合が多い。

デスクワークやスマホを使用しての目の疲れなどは、目のピントを行う目の筋肉(毛様体筋)の疲れが原因です。
目にとって一番疲れるのは近くを見続ける事です。
その場合は温めるのが非常に効果的です。
眼精疲労の多くが目の血流不足や筋肉(毛様体筋)の疲れから起こるので、まずは温めてみて、もし痛みが増したり嫌な感じがした場合は中止してもらうと良いかと思います。

先日の『ドライアイの予防方法』でも記載しましたが、ドライアイにも非常に有効です。

目を温める事で、緊張を取り副交感神経を優位にすることで体がリラックスしますが、眠くなってしまいますので、就寝前に行うのが一番です。

お勧めの商品

あずきの力

お値段が800円弱なのに、250回も使える優れものです。
レンジで温めるので、自分に合った温度調整が出来る点もGOOD!!

まとめ

基本的には目を温めた方が効果的な場合が多いです
目を温めると緊張が取れ眠くなってしまうので、寝る前が一番お勧めです。
炎症や出血性の眼疾患など、温める事で症状が悪化する場合もありますので、
温めて痛みなどが増すなどの場合はすぐに中止して、眼科を受診するのが一番だと思います。
目の症状は首や肩・体との関係も大きく、症状がひどくなると目を温めただけででは回復しない場合も多いですので、その場合は早めに治療を行いましょう。

くるみ灸

当院ではくるみ灸という目を温めるお灸を行っています。
目の温熱効果に加え、漢方で使われている「菊花」の液がくるみにたっぷり染み込ませてあり、蒸気で目を温める気持ちよいお灸です。

 

関連記事

夜盲補助眼鏡

先日、眼鏡メーカーのHOYAから発売される「暗所視支援機器 MW10」の試装会に参加しました。 私自身、網膜色素変性症という眼科疾患を患っており、夜盲の症状があります。 街中の明るい場所ならばまだ良いのですが、暗い夜道だ[…]

[» 続きを見る]

視覚障害者の目になるアプリ「Be My Eyes」

こんにちは。 院長の伊藤です。 先日、患者さんから素敵なアプリの話を聞いたので書きたいと思います。 視覚障害者の目になるアプリ「Be My Eyes」 「Be My Eyes」を日本語にすると「私の目になって」という意味[…]

[» 続きを見る]

子供の視野を体験

院長の伊藤です。 最近、子供の視野は大人の3分の2しかないという記事をインターネットで知りました。 我が家にも2歳の娘がいるのですが、よく転んだりするのを見て、子供は注意力が低いからよく転ぶんだなと思っていたのですが、視[…]

[» 続きを見る]

緑内障のセルフチェック

目次1 緑内障とは2 緑内障のセルフチェック3 カレンダー視野検査の方法4 まとめ 緑内障とは 緑内障は何らかの原因で眼球と脳の間の情報の橋渡しをしている視神経が障害され、視野(見える範囲)や視力に異常が起きる病気です。[…]

[» 続きを見る]

角膜にはビタミンA

スタッフの松本です。 先日患者さんが、「目を搔いてしまい角膜にキズをつけてしまった」と院長に相談され、色々とアドバイスをされていました。 状態改善のために、鍼灸施術をうけること以外に、ご家庭での食事に氣を配ることも大切に[…]

[» 続きを見る]