網膜色素変性、iPSで治療へ

本日のYahooニュースからの転載です。

以下本文---------------—

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹グループディレクターは26日、目の網膜に異常が生じる難病「網膜色素変性症」の患者を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って治療する臨床研究を5年後に始める方針を明らかにした。東京都内のシンポジウムで発表した。
 臨床研究は、iPS細胞を使って別の目の難病「加齢黄斑変性」で世界初の臨床研究を始めた同センターの高橋政代プロジェクトリーダーらと共同で行う。 
 笹井ディレクターらはまず、iPS細胞などから、網膜の中で光を感じる役割を持つ視細胞を作製し、患者に移植。光を感じる力を回復させることを目指す臨床研究を5年後に始める。
 次に、より立体的な網膜を作る技術を確立した上で、患者に移植し視力を回復させる研究を10年以内に開始する。
 先行する加齢黄斑変性の臨床研究では、視細胞に栄養を送る色素上皮のみをiPS細胞から作って移植する。視細胞は移植できないため、症状が進んで視細胞が死滅した患者に治療効果はない。新たな臨床研究ではこうした患者も対象とする。
 シンポジウムでは、iPS細胞を開発した山中伸弥京都大教授も講演。多くの人が使える細胞をあらかじめ作って保管しておく「iPS細胞ストック」について、細胞の提供者の選定が「最終段階に入っている」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130826-00000154-jij-sctch

-------------------------–

自身を含め網膜色素変性症の方にとっては、

希望の持てる良いニュースですね!

ただ、実現にはまだまだ時間がかかりそうなので、

現状の視力・視野の維持することが大切だと思います。

********************************
イトウ針灸院
伊藤 健悟

〒466-0059
愛知県名古屋市昭和区福江2-12-17

TEL/FAX : 052-881-3768
ホームページ : http://ito-acp.com
*********************************

関連記事

JRPS愛知 

昨日は日本網膜色素変性症協会(JRPS) 愛知の10月定例会に参加してきました。 以前SNSを通じて個人的に同じ疾患の方とお会いしたことはあるんですが、協会に参加するのは初めてでした。 同じ疾患でも進行具合は人それぞれな[…]

[» 続きを見る]

夏の紫外線対策

暑い日が続き、当院でも体の調子を崩している方が多く見られます。 夏は紫外線が強い時期でもあり、紫外線は目への影響が色々あります。 白内障や翼状片、黄斑変性や網膜色素変性などの網膜疾患にも影響があると言われています。 なの[…]

[» 続きを見る]

視力検査器の購入②

購入する検査器は液晶タイプに決まったので、今度は各メーカーの商品を比較することにしました。 候補としては ・NIDEK SC-1600 ・TOMEY FC-1000 ・TAKAGI LC-10 の3つです。 ・NIDEK[…]

[» 続きを見る]

視力の種類①

視力の種類 【中心視力と中心街視力(周辺視力)】 中心視力とは網膜の中心窩で見た時の視力で、それ以外の網膜で見た視力を中心外視力といいます。 中心外視力は中心視力と比べると極端に低く、乳頭付近では0.1くらいです。 【遠[…]

[» 続きを見る]

視力検査器を導入しました

本日、注文していたNIDEKのSC-1600が届きました。 新しい機械製品が届くと胸がワクワクしますね! SC-1600は視力測定だけでなく、乱視や色盲など様々な検査が可能です。 高い買い物でしたが、必要な物なのでしっか[…]

[» 続きを見る]