スマホ老眼にご注意を!

先日テレビを見ていたら、「スマホ老眼」の特集をやっていました。

スマホ老眼とは20、30代なのに手元が見にくいといった老眼のような症状に悩む人が増えているそうです。

スマートフォンの長時間の使用による目の疲れにより、目のピント調節が出来なくなることが原因です。

人間が近くを見る際には、毛様体という筋肉の働きにより、レンズの役割を果たす水晶体の厚さを変えることでピントを調節します。

近くを見続けるなどした結果、筋肉が凝って、ピント調節ができなくなります。

老眼ではなく、症状は一時的なことが多いですが、重篤化すると、ピントが固定されたままになることがあります。

当院でもピント調節が出来ない、夕方や週末になると目の疲れが出る、目の奥が痛むなどの症状を訴える方が多く見えています。

スマホ老眼を防ぐために日常で出来る対策は

・スマホと目の距離を離す(40cm以上)

・画面の明るさをおさえる

・1時間使用したら15分休憩を入れる

これだけでもかなり目が疲れにくくなると思います。

一晩寝て目の疲れが取れない状態は眼精疲労の可能性が高いです。

鍼灸治療はスマホ老眼など目の症状に非常に有効ですので、お困りでしたら一度ご相談下さい。

********************************
イトウ針灸院
伊藤 健悟

〒466-0059
愛知県名古屋市昭和区福江2-12-17

TEL/FAX : 052-881-3768
ホームページ : http://ito-acp.com
********************************

関連記事

視力測定表 ニデック SC-1600

イトウ針灸院では眼科疾患の方の治療を行う際に、視力の測定を行っています。 視力低下が主訴の方の場合、測定結果を行うことで効果判定を行うことが出来ますが、 黄斑変性や複視、網膜色素変性やその他の眼科疾患の方も基本的には治療[…]

[» 続きを見る]

夏の紫外線対策

暑い日が続き、当院でも体の調子を崩している方が多く見られます。 夏は紫外線が強い時期でもあり、紫外線は目への影響が色々あります。 白内障や翼状片、黄斑変性や網膜色素変性などの網膜疾患にも影響があると言われています。 なの[…]

[» 続きを見る]

視力検査器の購入②

購入する検査器は液晶タイプに決まったので、今度は各メーカーの商品を比較することにしました。 候補としては ・NIDEK SC-1600 ・TOMEY FC-1000 ・TAKAGI LC-10 の3つです。 ・NIDEK[…]

[» 続きを見る]

視力検査器の購入③

購入する視力検査器が決定しました。 NIDEK SC-1600にしました。 決め手は白黒反転機能ですね。 自分自身が千秋針灸院で治療の際に視力測定をしてもらっており、その際に白黒反転した視力検査器で測定していました。 網[…]

[» 続きを見る]

動眼神経麻痺後の複視の症例

動眼神経麻痺後の複視の症例 ※複視 : 物が2重に見える状態。立体視に問題がある場合に発生します。詳細はこちら↓ http://ito-acp.com/treatment/fukushi.html 70代女性。 動眼神経[…]

[» 続きを見る]