視力検査器の購入③

購入する視力検査器が決定しました。

NIDEK SC-1600にしました。

決め手は白黒反転機能ですね。

自分自身が千秋針灸院で治療の際に視力測定をしてもらっており、その際に白黒反転した視力検査器で測定していました。

網膜色素変性症だと通常の白バックに黒のランドルト環はまぶしくて見えずらいので、今後網膜色素変性症の患者さんを扱っていく上で、正確な視力を測定するのに影響が出ると自身の経験から感じたからです。

TOMEY FC-1000はTAKAGI LC-10のOEM(商品は同じで名前だけが違う製品)でした。

なので、最終的にはNIDEKとTAKAGIのどちらにするかになりました。

TAKAGI LC-10は19インチで0.03まで視力を測定出来るのが魅力でしたが、白黒反転機能は無かったです。

NIDEK SC-1600は17インチでサイズが小さいため、0.04までしか視力が測定出来ない所が気になっていましたが、測定者が検査器に近づくことで0.04以下も測定出来ることが分かり、問題をクリアすることが出来ました。

明日には契約する予定ですので、入荷したらまたブログ・ホームページで報告したいと思います(*^_^*)

********************************
イトウ針灸院
伊藤 健悟

〒466-0059
愛知県名古屋市昭和区福江2-12-17

TEL/FAX : 052-881-3768
ホームページ : http://ito-acp.com
********************************

関連記事

夏の紫外線対策

暑い日が続き、当院でも体の調子を崩している方が多く見られます。 夏は紫外線が強い時期でもあり、紫外線は目への影響が色々あります。 白内障や翼状片、黄斑変性や網膜色素変性などの網膜疾患にも影響があると言われています。 なの[…]

[» 続きを見る]

ロービジョンケアとiPad

前回のJRPS愛知のブログの中でも書いたのですが、ロービジョンケアとiPadについて書きたいと思います。 iPadを使用したロービジョンケアは、眼科医の三宅 琢先生が「Gift Hands」でセミナーなどを行っているみた[…]

[» 続きを見る]

変視症定量評価チャート

変視症定量評価チャートのM-CHARTSを購入しました。 一般的に各種黄斑疾患(黄斑前膜、黄斑円孔、加齢黄斑変性など)の変視症はアムスラーチャートを使うのが一般的だと思います。 アムスラーチャートは変視症の発見から、偏視[…]

[» 続きを見る]

千秋針灸院の提携治療院に登録して頂きました。

眼科領域を専門としている千秋針灸院の提携治療院として、イトウ針灸院を登録して頂きました。 これまでも千秋針灸院まで距離の関係上、定期的に通うことが難しい患者さんを紹介して頂いていました。 自身も患者として通い、眼科領域で[…]

[» 続きを見る]

視力検査器を導入しました

本日、注文していたNIDEKのSC-1600が届きました。 新しい機械製品が届くと胸がワクワクしますね! SC-1600は視力測定だけでなく、乱視や色盲など様々な検査が可能です。 高い買い物でしたが、必要な物なのでしっか[…]

[» 続きを見る]