暗所視支援メガネ MW10 HiKARIが名古屋市日常生活用具に

院長の伊藤です。

以前ブログでも紹介した暗所視支援メガネ MW10 HiKARIが名古屋市日常生活用具に認定されました。

愛知県内ではすでに日常生活用具として認定されている自治体もありますが、今年度から名古屋市でも新種目として追加されました。

当事者の声と関係者の皆様の働きかけの結果です。

製品情報 | ViXion株式会社(ヴィクシオン)

 

名古屋市の場合

種目名:暗所視支援眼鏡

対象者:視覚障害の方で夜盲又は視野狭窄があり、医師が必要と認めた方

限度額:39万5千円

耐用年数:8年

 

  • 県内で既に認定されている市町 ※2023年8月現在

豊橋市、岡崎市、春日井市、豊田市、小牧市、

尾張旭市、長久手市、豊明市、武豊町

 

  • 取り扱い店舗(体験・相談の場合は、あらかじめ店舗へご確認ください。)

名古屋ライトハウス 情報文化センター(名古屋市港区)

電話 052-654-4522

 

メガネの和光 サカエ東店(名古屋市中区)

電話 052-971-8085

 

わかさ生活書店 名古屋伏見店(名古屋市中区)

電話 MW10HiKARI専用ダイヤル 0120-705-114

※事前に専用ダイヤルにて予約を入れ、ご来店ください

 

メガネの岡田(豊橋市神明町)

電話 0532-55-5167

 

年度が替わり、各行政でも日常生活用具の対象商品の追加や限度額の改定がある場合があります。申請する場合は、まずはお住まいの役所の福祉課にご相談ください。

関連記事

視覚障害者の「目」になるアプリ「Seeing AI」

院長の伊藤です。 視覚障害者の「目」になるアプリ「Seeing AI」をご存じですか? 今回、このアプリの日本語版がリリースされたので、アプリの紹介と実際に使ってみた感想を書きたいと思います。 目次1 Seeing AI[…]

[» 続きを見る]

遮光眼鏡カラーシュミレーションアプリ「CCP Color Simulator」

院長の伊藤です。 当院を受診される方で、眩しさで日常生活の支障がある方は遮光眼鏡をオススメするする事があります。 遮光眼鏡の機能に関しては過去のブログ「夏の紫外線対策」をご参照下さい。 遮光眼鏡は実際に眼鏡屋さんに行って[…]

[» 続きを見る]

物がゆがんで見えてませんか?

目次1 変視(へんし)とは2 変視が起こる原因3 変視の見え方の例3.1 正常な見え方3.2 変視の見え方の一例4 変視のセルフチェック方法4.1 アムスラーチャート4.2 ゆがんで見える例5 もし歪みが見つかった場合は[…]

[» 続きを見る]

緑内障のセルフチェック

目次1 緑内障とは2 緑内障のセルフチェック3 カレンダー視野検査の方法4 まとめ 緑内障とは 緑内障は何らかの原因で眼球と脳の間の情報の橋渡しをしている視神経が障害され、視野(見える範囲)や視力に異常が起きる病気です。[…]

[» 続きを見る]

ツボ押しで目をセルフケア

スマホやパソコン仕事など、日常で目が疲れる事は多いと思います。 今回は自分自身で出来るツボ押しを紹介したいと思います。 目次1 ツボの場所2 ツボ押しの仕方3 まとめ ツボの場所 ・晴明(せいめい):目頭と鼻の付け根 ・[…]

[» 続きを見る]