免許更新前に鍼灸で不安を解消

院長の伊藤です。

最近、自動車免許更新前の視力の不安から当院を受診する方が見えられます。
自動車免許を持っている方はご存知のように、免許更新時には視力測定があり、定期的に眼科などを受診している方以外は自分の現在の視力を知らない方が多いと思います。

視力の合格基準

愛知県警察のホームページに記載してある運転免許の適性検査の視力は下記になります。

原付免許、小型特殊免許

両眼で0.5以上、又は一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上です。

中型(8t限定)、普通(仮免を含む)、大型特殊、大型自動二輪、普通自動二輪

両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上、又は一眼の視力が0.3に満たない方、若しくは一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上です。

大型(仮免を含む)、中型(仮免を含む)、けん引、二種免許

両眼で0.8以上で、かつ、一眼がそれぞれ0.5以上、さらに、深視力として、三桿(さんかん)法の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2センチ以内です。

大型免許になる程、視力が高くなり、さらに立体視などの検査が増えていきます。

鍼灸で視力は上がるのか

鍼灸を受ける方で一番気になるのは視力が本当に上がるのか?」だと思います。
視力は上がります。
断言してしまうと少し不安になりますが(笑)

視力で悩んでいる方の大半が近視または乱視による視力低下だと思います。
近視に対する鍼灸治療は鍼灸学会でも報告されており、高い効果を発揮しています。

特に目の疲れ・眼精疲労がある場合、水晶体の厚さを変え、ピント調整をする筋肉である毛様体が上手く働かずに視力が落ちている場合が多いです。
鍼灸治療により毛様体の動きがスムーズになると、水晶体のピント調整が上手くいき、視力が上がります。
また、首や肩のコリが強いと目への血流が低下している事が多く、首・肩のコリを取る事も大切です。

当院でもこれまでに様々な方が視力の改善を目指して来院されていますが、目の疲れで視力が一時的に落ちている方は一度の治療で0.6→1.2になるなど、驚くほど視力が上がる方も見えます。

以前、ブログに書いたのですが、視力検査のコツもありますので、こちらもご参照下さい。
免許更新前に不安がある方はお気軽にご相談下さい。

関連記事

ヘルプカードを知ってますか

院長の伊藤です。 先日、浜松で網脈絡変性フォーラムに参加してきました。 フォーラムの内容については、後日ブログに書きたいと思います。 フォーラムの受付でJRPS静岡が作成したヘルプカードを配布していました。 ヘルプカード[…]

[» 続きを見る]

料金変更のお知らせ

2017年10月1日より、消費税の納税義務が発生するため 診療料金が消費税分(8%)を加えた金額に変更となります。 ご理解、ご協力をよろしくお願いします。   初診料 2,160円 鍼灸治療 3,780円 学生[…]

[» 続きを見る]

申の色紙

毎年、この時期になると患者さんから来年の干支の色紙を頂きます。 いつも有難うございます(*^_^*) 今年はウチに家族が増えたとの事で、子連れの猿の絵を選んでくれたそうです。 申年の自分は来年年男なので、今年以上に良い年[…]

[» 続きを見る]

ブルーベリーは目にいい?

最近読んだ、「薬のチェックは命のチェック」という雑誌に面白いコラムが載っていました。 新聞広告やチラシで良く見かけるブルーベリー。 昔から目に良いと言われていますね。 イトウ針灸院の受付に色々な飴を置いているのですが、眼[…]

[» 続きを見る]

障害者雇用マニュアル 視覚障害者と働く

患者さんから視覚障害者の方の雇用マニュアルがある事を教えて頂きました。 内容が非常に分かりやすく、漫画なので読みやすいです。 PDF形式なので、ダウンロードしてパソコンやスマホから読むことが出来ます。 視覚障害者本人だけ[…]

[» 続きを見る]